高濃度ビタミンC◆感染症予防

引き起こす

ビタミンCは十分に摂取することで風邪や
インフルエンザなどの感染症予防に有効です。


なぜなら感染症にかかると血液を通じてウイルスなどが
全身に周り、様々な症状を引き起こします。


しかしビタミンCはそのような体内の感染源を除去する効果があります。
そのため風邪予防や感染症予防にビタミンCを摂ると良いと
よく聞きますが、ドリンクやサプリメントで摂取すると
効果的に吸収することができません。


なぜならビタミンC自体が不安定な成分だからです。
そのため必要量を経口摂取してもそれらが全て吸収されるわけではありません。
そこで効果的なのが高濃度ビタミンC点滴です。

食事が大事


点滴というと病気の場合に行うイメージがありますが、
最近は健康や美容のために行うことができます。


これはビタミンCを高濃度含む点滴を直にすることにより
血液中にビタミンCを注入することができます。


すると血流に乗って全身にビタミンCが行き渡り、ウイルスなど
異物の除去を促すことで風邪やインフルエンザの症状を
緩和したり、予防することができます。


また、高濃度ビタミンC点滴ならビタミンCの効果を
損なうことなく体内に吸収させることができるので、
経口摂取よりも効果的です。


このように高濃度ビタミンC点滴は風邪やインフルエンザなど
感染しやすい病気を予防するのに有効です。


そのため風邪などが流行する時期に、あらかじめ
高濃度ビタミンC点滴をすることで体調不良を防ぐことができます。

 

   白内障   治療の流れ   食欲   風邪   感染症