高濃度ビタミンC◆点滴である理由

アンチエイジングのために高濃度ビタミンCの点滴療法を行ないますが、
何故、経口摂取を行なわないのかといった疑問を浮かべる方は意外と多いでしょう。
疑問を浮かべる


これには理由がいくつかありまして、経口摂取だとビタミンCを大量に摂取したとしても
吸収率が悪く、外に排出されてしまい効率がとても悪いからです。


逆に高濃度ビタミンCの点滴療法をすることによって、経口摂取と比較したら
血中濃度が20倍から40倍以上になります。


簡単に言いますと、点滴療法の方が身体中にビタミンCを
行き渡らせることが可能であり、アンチエイジングのより高い効果を
期待することができるのです。


サプリメントや健康食品ビタミンCを摂取されている方は多くいまして、
決して無駄ではありませんが点滴で行なった方が効率的と言えます。
より効果的


専門家のなかには口から入れた場合は科学的な根拠がほとんどなく、
効果がほとんど望めないと言われている方もいまして、プラシーボ効果によって
身体に良い影響があるのではないかと言っている方もいるぐらいです。


それだけ、どこから高濃度ビタミンCを摂取するかの違いがありますので
アンチエイジングをされている方は毎日ビタミンCを大量に摂取するよりも
点滴療法の方が効率的と言えるでしょう。


また経口摂取によりビタミンCを過剰に摂取してしまいますと
尿管結石になるリスクが高まります。


しかし、高濃度ビタミンC点滴療法の場合ですと尿管結石になるリスクが
低いと言われていますので、その点に関しても直接摂取するよりも有利と言えます。


一般的に過剰に摂取すると尿として外に排出されますが、その心配がなく
血中濃度を上げることができ、身体の各器官は一定のビタミンCを必要としていますので
それらに対して十分に直接行き渡らせることが可能ですから、高い美容効果と
アンチエイジングが期待できるのです。


このように、どこから摂取するかによって大きく異なりますから
ビタミンCを摂取する時に意識してみると良いでしょう。

 

   白内障   治療の流れ   食欲   風邪   感染症   注意点   理由