高濃度ビタミンC◆うつ病

高濃度ビタミンC点滴で、うつ病の改善が期待できるでしょう。
うつ状態を引き起こす原因の一つに、副腎疲労症候群があります。
これはストレスが原因で、ホルモンが正常に分泌されなくなる病気です。


高濃度ビタミンCを点滴することで治療できます。
うつ状態になると、疲れやすくなったり、気力がわかなかったりします。


この症状は、副腎疲労症候群になっても引き起こされます。
この病気は、副腎からホルモンが正常に分泌されなくなる病気で
精神的ストレスや肉体的ストレスによってかかることがあります。

疲れを癒やしてくれる


つまり、うつ病の症状と似ているのです。
このような症状の場合、抗うつ薬を飲んでも効かないことがあります。


そういう場合は高濃度ビタミンC点滴が有効になるでしょう。
副腎では、様々なホルモンが作られています。


女性ホルモンのエストロゲンや、男性ホルモンのテストステロン、
甲状腺ホルモンなどです。


これらのホルモンが作られなくなると、慢性的に疲れやすくなったり
うつ状態になったりします。

栄養価の高い


つまり、副腎の機能が低下するとうつ状態になるのです。
しかし、高濃度ビタミンCを点滴すれば副腎の機能を回復できます。

ビタミンCによって、副腎でホルモンを作っているからです。
そのため、高濃度のビタミンCを投与は、副腎疲労症候群の
治療に効果的なのです。


この効果は、実際の臨床結果からも裏付けられています。
高濃度ビタミンCを点滴すると、薬でもコントロールできなかった
幻聴を抑えたり、慢性的な疲労やうつ状態を改善したり
する効果が確認されました。


高濃度ビタミンCの点滴でうつ状態を改善できます。
通常の抗うつ薬が効かない場合には、医師と相談の上で
試して見ると良いでしょう。

 

   白内障   治療の流れ   食欲   風邪   感染症