高濃度ビタミンC◆注意点

高濃度ビタミンC点滴療法は、ビタミンCを直接体内に注入する点滴療法です。

体内に注入


ビタミンCは人体では作り出すことができない物質で、体内に蓄えることができず
水に溶ける性質があり摂取しても尿と一緒に外に排出されることになります。


がん治療にも利用されていて、がん細胞に効く濃度を維持するには定期的な点滴が必要です。


口から摂取する場合は、少し飲むだけで下痢などを引き起こす人がいたり
消化器官を通過するにおいて酸化し、小腸において吸収するのに限界があるでしょう。


点滴療法によって効率的に高濃度ビタミンCを投与することができるので、
幅広い世代の人に利用されています。


がん治療に利用する場合、癌組織の種類や進行度、患者の年齢や体力・
免疫力などによってその効果は異なります。


癌細胞の縮小や消失・延命などを確約することはできませんが、
高濃度ビタミンC点滴療法は重篤な副作用がないので施術を受けやすいでしょう。


アメリカでは既に乳癌や肺癌、前立腺癌や直腸癌、悪性リンパ腫や
子宮癌などへの治療に対して効果が報告されています。


尚、この治療には健康保険が適用されていないので、治療や検査・
処方などのすべての費用が自費診療扱いです。

自費


副作用がほとんどないので治療してみる価値がある治療法と言えます。


点滴するために週に何度か通院する必要があり、だいたいの費用が
10〜20万円ぐらいかかることもあるので、事前に調べておくと
安心して利用すること可能です。


長期的にビタミンCを服用することになるので、特に腎機能などに
異常が出ていないかどうか常に注意する必要があるでしょう。


もし高濃度ビタミンC点滴療法を受ける場合、過剰摂取することによって
何かしらの副作用が起こるかもしれないので、体質や体調などを
医師と良く相談してから利用することをおすすめします。


美容目的で利用している人も多く、アンチエイジング効果もあるので
身体の内側から若々しさを維持することが可能です。

 

   白内障   治療の流れ   食欲   風邪   感染症   注意点   理由